デザイナー必見!! 女性向けWEBサイトデザインのポイント(1)配色編

津田祐典 津田祐典


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ツダといいます。279-design(ツナグデザイン)という屋号で、フリーのWEBデザイナーとして活動しております。このたび、街角クリエイティブで主にWEB制作にまつわるちょっとしたコラムというかハウツーというか、記事を書かせていただくことになりました。普段は自分のブログでこういう記事を書いています。

DTP→WEBデザイナー転向時に、これやったら捗ったよリスト13

あの頃みんな若かった。国内有名16サイトの2008年→2014年のデザイン比較

一つ一つはそこそこバズったものの、10エントリーくらいしか書いてない泡沫ブロガーに記事を書かせていただけるなんて、街クリさんは勇気あるな(ありすぎるんじゃないかな)と正直思うわけですが、引き受けたからには頑張っていい記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

女性向けWEBデザインの配色について考えてみる

先日SNSでこんな記事を見かけました。

残念な女性向け商品が作られてしまう「ダサピンク現象」について

女性向けの携帯電話とか軽自動車などのプロダクトデザインが、「女性はピンク好きでしょ」な安易な発想で、等の女性ユーザーからすると的はずれなダサいピンクにされてしまう現象のこと、だそうです。男の自分には今ひとつ実感に乏しいので実例は挙げられませんが、確かにそういうこともあるかもしれませんね。

一方、私が本分とするWEBデザインの領域においてもピンクという色は女性向け商品・サービスのサイトではかなりの確率で使用されますが、WEBサイトはあくまで情報をターゲットにわかりやすく伝えるためのものなので、女性向けの商品・サービスのサイトで「女性っぽい」配色や装飾を施すのは基本中の基本といえます。

今回は、ピンクをはじめとした女性向けWEBサイトデザインのキモである「配色」のパターンをご紹介し、ターゲットの属性、年代に合わせたデザインについて考えてみたいと思います。

淡目のピンクを主体とした”有村架純系かわいい妹女子”

映画『L♡DK』


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/12/011.jpg

剛力彩芽さん主演、高校生同士の恋愛を描いた映画の公式サイト。少女漫画原作ということで、きっと甘酸っぱい青春ラブストーリーが展開されるのでしょう(知らない)。女子高生の主人公目線ということで、濃淡織り交ぜたピンク尽くしのデザイン。
映画『L♡DK』公式サイト

映画『好きっていいなよ。』


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/12/021.jpg

こちらも川口春奈さん、福士蒼汰さん主演の、少女漫画原作青春ラブストーリー。少女漫画系のデザインはこういう淡いピンク系が鉄板ですね。
映画『好きっていいなよ。』

大阪樟蔭女子大学 受験生応援サイト


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/12/031.jpg

主に女子高生向けとなるんでしょうか。背景にボーダー柄の薄いピンクを全面に敷くのはガーリーデザインの王道ですね。
大阪樟蔭女子大学 受験生応援サイト

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP